医療レーザー脱毛は医療行為です

医療レーザー脱毛は、医療機関で行う医療行為にあたります。
そのため脱毛を担当するのは、医師もしくは医師の監督の下、国家資格を持った看護師が照射を行います。
医療には、医師が必ず担当する絶対的医療行為と、看護師でも構わない相対的医療行為があります。
医療レーザー脱毛は、相対的医療行為であるため、看護師に医療レーザー脱毛という、医療行為を任せることは、多くのクリニックで行っていることです。
男性の脱毛も増えてきたとはいえ、脱毛に通う割合の大部分は女性です。
問診は男性医師であっても、脱毛は女性である看護師の方が安心できます。
医療行為にあたるため、それなりの高い知識と技術を持ち合わせた看護師が、脱毛を担当しているのです。
レーザー脱毛器トリア脱毛使い方