ルナメア危険さはないのでおすすめ?無添加な基礎化粧品を選ぶ時には注意が必要?

「無添加化粧品」と聞くと、それだけで品質がいいものを思い浮かべます。
悪いものが何も含まれていなくて、なんだかとっても肌にやさしい化粧品だと感じてしまいますよね。
でも実際のところ、「無添加」っていったい何なのでしょうか?2001年4月より、化粧品は配合しているすべての成分を明記することが義務づけられています。
それ以前の2001年3月までは、厚生省が指定した表示指定成分のみの表示でした。
表示指定成分とは、アレルギーなど皮膚障害を引き起こす恐れがあるとして、表示義務を定めた102種類の成分のことです。
この成分の中には、発がん性が認められている毒性の強いものもありますが、軽いアレルギーを起こすだけのものもあります。
ご存知のようにアレルギーは個人差がありますので、誰にとっても有害な成分だとはいえません。
人によっては何の影響もない場合もあるのです。
現在「無添加」と表示されているものは、一般的に「昔の表示指定成分102種類を配合していないもの」を指している場合が多いようです。
というのも「無添加」という表示には法による規制がなく、各メーカーによって「無添加」の意味合いが違っているのが現状なのです。
もちろん表示指定成分になっていないからといって、すべての成分が安全なわけではありません。
せっかく法が改正され、すべての配合成分が表示されるようになったのですから、自分が使っている基礎化粧品の配合成分を一度確認してみることをおすすめします。
毎日のお手入れで使うものが、何によってつくられているのかを知っておくことも、大切なことではないでしょうか。
もうひとつ表示の仕方があいまいなものに「自然派化粧品」があります。
これもなんとなく、原料が天然のものだけを使っていて肌にやさしそうなイメージがありますよね。
実際には、この「自然派」の表示にも法による規制はありませんので、メーカーによって基準はさまざまです。
植物エキスや植物オイルのみでつくったものから、原料の一部に自然のものを使っただけのものまで含まれています。
たとえば、「天然成分配合」という言葉。
これはよく見るとわかるのですが、天然成分を配合しているだけで、100%とも1%とも書いていません。
配合されているというだけで、その他の材料はまったく別のものかもしれないのです。
また、純粋に天然成分100%のものだから誰の肌にもいいのかというと、そうとはいえないようです。
植物成分は、人によってはアレルギーを起こすなど、かぶれの原因になってしまうこともあるのです。
「無添加」や「自然派」といった言葉にまどわされることなく、自分にあった基礎化粧品を選ぶことが何より大切だといえます。
ルナメアAC危険?ニキビに効果ある?【ルナメアの口コミ】